2015年6月19日 (金)

レベルアップのファンファーレ(祝ES試験合格)

4月に受験した情報処理技術者試験、エンベデッドシステム・スペシャリスト合格しました。

合格ラインは「午前、午後ともすべて60点以上取っていること」で、ギリギリセーフでした。これまでの経緯を振り返っておきます。

  2009 2010 2012 2013 2015
午前 I 81.6 免除 78.2 免除 91.8
午前 II 92.0 80.0 84.0 不明 84.0
午後 I 38.0 56.0 54.0 不明 71.0
午後 II 採点なし 採点なし 採点なし 不明 62.0
不合格 不合格 不合格 不合格 合格

ここ10年を振り返ってみると、幾つか製品開発に携わって経験と実績を積ませてもらったり、グループ会社(親会社主催)の大学院レベルの技術教育に1年間どっぷり(普段の仕事はそのままに)行かせてもらったり、100kmウォークを完歩したりと、いろいろ成長してきたなと思います。しかしながら、その成長と言うのはひとりで成したことではないわけで。

今回の試験も、会社で教育コースにぶち込んでもらったから合格できたようなもので、的確なご指導を下さった講師の方に感謝しております。

レベルアップした技術力で、仕事も趣味もがんばります!

2015年4月20日 (月)

H27春季情報処理技術者試験(ES)の自己採点

久しぶりにblogを書きます。これは自分用のメモみたいなものです。

去る4/19に情報処理技術者試験(エンベデッドシステムスペシャリスト試験)を受けてきました。午前問題についてはすでに模範解答がでているので、午前問題だけ自己採点してみました。結果は次の通りです。

  • 午前 I  30問中27問正解(正答率 90%)
  • 午前 II  27問中21問正解(正答率 84%)

どちらも6割は十分越えているので特に問題なし。

試験問題はこちらに上がっていますので、どんな問題が出るのか覗いてみたい方はチラ見してみてはいかがでしょうか。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2015h27.html#27haru

2014年3月21日 (金)

放送大学の全科履修生になりました

どうでもいい話です。

年末に実家に帰省したい際に高校の卒業証書をもらってきたので、次の4月から放送大学の全科履修生に切り替えることにしました。といっても、卒業する気はなくて、教養を身につける+仕事に必要な知識が身に着けばラッキーくらいの軽いノリで面白そうな講義をつまみ食いしているだけです。

私にとって知識欲を満たすというのは趣味みたいなものなので、それが何の役に立つのかなど無視して、面白そうだと思ったものは仕事をしながら中間レポートと期末試験をクリアできるボリュームで取っていきたいと考えています。

2012年6月17日 (日)

平成24年度情報処理試験結果 → 不合格でした

春の情報処理技術者試験。6/15に結果発表がありました。エンベドッドシステム・スペシャリスト(ES試験)を受けました。そして結果は、今年も不合格でした。点数はこんな感じ。

午前Ⅰ得点
78.20点
午前Ⅱ得点
84.00点
午後Ⅰ得点
54点
午後Ⅱ得点
---点

合格基準点が60点なので、午後Iはもう1問当たっていれば、午後IIの望みがあったというところですね。午後IIは採点されていないのでわかりませんが。

配点及び講評が下記URLにあるので、どこが間違っていたか検証してみます。

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2012h24.html

2012年3月13日 (火)

合格通知が届いた

合格通知が届きました。放送大学の。

というわけで、今年も専科履修生として講義を受けます。

2011年2月13日 (日)

ES試験の勉強とスキーキャリア

ロボット開発をしていないと日記に書く中身が無いんじゃないかと、前々から思っています。振りかえって見ると、毎年この1~3月くらいは私のロボット開発がピタッと止まっていて、日記の更新も少ないようです。

さて今日の出来事です。まず一つ目。情報処理技術者試験(エンベデッドシステム・スペシャリスト)の試験勉強として、iTECのセミナーを受けに東京まで行ってきました。対象者は午前問題をクリアできるレベルの人で、セミナーの中身は午後問題の演習が中心です。私は別にこのセミナーで何か教わろうという気はなく、自分ひとりでやっているとなかなか勉強が進まないので、ペースメーカー代わりに使おうというくらいのつもりでこのセミナーを受講しています。

続いて二つ目。東京でセミナーを受けて(夕飯を食べて)帰ってきたら既に21:00。そこから、車のスキーキャリアの取り付けをしました。次の週末はスキーなのに、金、土は雪/雨だったので作業できませんでした。だから、今日は夜でもやるしかなかったわけです。1時間半くらいで取り付け作業が完了しました。これで準備OKです。

とりとめの無い日記でした。

2011年2月 7日 (月)

TOEIC試験を受けました

今日は社内でTOEICの試験がありました。まったく勉強せずに受けた割には、まあまあできたんじゃないかと思います。

仕事で目を通している仕様書が基本的に英語だし、オンラインゲームでチャットしながら遊ぶ時も英語で会話をしているので、普段から英語に接しているといえば接しているかもしれません。でも、英語で文章を書く練習を最近やってないし、チャットの会話もかなり聞き取れていません。まだまだ改善の余地がありますね。

テストの結果が返ってきたら診断結果も付いてくると思うので、それに従ってどう勉強するか決めたいと思います。

2011年1月31日 (月)

期末試験終了

久しぶりの日記です。1/23, 1/29 で放送大学の期末試験が終わりました。やっぱりね~、3科目はきついです。統計学と線形代数はまあまあできている感じで、財政学は筆記だったのですが、これは制限時間内に答案を書ききれなかったのでちょっと点数が少ないと思います。点数より、ちゃんと理解しているかどうかのほうが大切なのですが。

実のところ、講義の受講が全然追いつかなくて、統計学と財政学はなんとか試験日までに教科書を読んでインターネットのストリーミングで講義を視聴できたのですが、線形代数は間に合いませんでした。それでも、教科書だけは全部読みました。そして、第14回(固有値、固有ベクトル)と第15回(行列の対角化)で、今までの知識がつながる経験をしました。線形写像の核とか像なんて、学生時代に習ったかどうかすら記憶に無いコンセプトだったのですが、これが見事に固有値、固有ベクトルと結びついて、カルマンフィルタとかでよく見かける形式と繋がっていることがわかりました。う~ん、あの式はそういう意味があったのか。

いろいろと興味が尽きないところですが、次の4月からも放送大学の受講を続けるかどうかまだちょっと決めかねています。というのは、4月から放送大学とは別の技術系の教育を受ける予定になっているからです。教養を深めるために人文系の講義をとってもいいかなぁと思うのですが、手を広げ過ぎると収拾がつかないのではないかと思うと躊躇してしまいます。

とりあえず、4月には情報処理技術者試験(エンベデッドシステム・スペシャリスト試験)とマラソン大会があるので、そこに向けて準備していく予定です。

2010年11月30日 (火)

中間レポート提出完了

つくばチャレンジ2010が終わってから怒涛の攻撃で、なんとか3科目のレポート(通信添削)を提出しました。三島から放送大学本部のある千葉までは葉書なら翌日には届くそうなので、ぎりぎり12/1には届くと思います。

放送大学のレポートが終わったら、次はSI2010の発表準備とつくばチャレンジ2010のテクニカルレポート作成です。発表内容は、グダグダだった今期の反省にせざるを得ません。なので、これから2週間で未解決だった問題点をちゃんと解決して、次につなげる反省にしたいと思います。そして、SI2010の発表内容を文章に起こして、つくばチャレンジ2010のテクニカルレポートに仕立てる予定です。

そんなわけで、これから年末にかけて仕事も趣味もプライベートも忙しくなりそうです。

2010年11月26日 (金)

中間レポートの締め切りが迫っている

中間レポートがあるんですよ、学生なので。といっても、放送大学の選科履修生ですが。その中間レポートは12/1本部必着なのですが、今期3科目とっている講義がまだ第3~4回までしか進んでいません。

放送はすでに第8回まで進んでいるようですが、私はインターネットのストリーミングで受講しているので、放送とは進み具合が違います。100kmウォークだ、つくばチャレンジだ、といって土日の時間を使っている間にだいぶ遅れをとってしまいました。なんとか間に合うように、会社から帰って夕飯を食べたら教科書を読んでストリーミングで受講していますが、かなり眠いです。

11/29(月)にレポートを仕上げて夜中に郵送するとして、講義に使える時間は金、土、日の3日間です。かなり厳しいけど、ギリギリ間に合うかな。

そのあとは、SI2010の発表準備とつくばチャレンジ2010のテクニカルレポート作成が待っています。仕事も忙しいです。

最近の写真