« 2013年7月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年12月 9日 (月)

MEGA-1284P Xplained と JTAGICE3

久しぶりにblogを更新します。

更新していなかったということは、その間趣味のロボット開発が一切行われなかったことを意味しています。100kmウォークに参加したり、放送大学で講義を受けたり、朝8:30から夜9:45まで仕事したりと、家に帰ってから図面を引いたりプログラムを書いたりする余力のない日々を送っています。

それでも、マイコンいじりたい病が発症しまして、AVRのMEGA-1284Pをマイクロマウスに使ってみたくて、MEGA-1284P Xplainedという評価ボードと JTAGICE3という安価なJTAGデバッガを購入しました。先週末あたりに評価ボードをAtmel Storeから注文したのですが、その週の木曜日にはもう届いてしまい、今週はその火入れ式を兼ねて hello world 的 LED点滅プログラムを書いてみました。

プログラムを書いてみた中で幾つか困ったことがあったので覚書として書いておきます。

まず、Xplaied のサンプルプログラムが AVR Studio 4用であり、AVR Studio 6 (略してAS6) では動きません。これではサンプルプログラムの役を果たしません。Atmelさん、なんとかしてください。

それから、AtmelはAtmel Software Framework (略してASF)を提供しているのですが、AS6のASF ExplorerでAPI Documentationを読もうとすると、リンク切れになっていて読めないものが多数あります。使い勝手が悪すぎます。

さらに、JTAGICE3でデバッグする際、break pointを設定してもうまく停止してくれません。META-1284Pのデータシートを読むとbreak pointをサポートしていることが書かれているのですが、breakできない。この辺りはセキュリティ上デフォルト設定でなにかがdisableされているようで、この辺りにヒントがありそうです。

http://www.atmel.no/webdoc/jtagice3/jtagice3.special_considerations_mega.html

http://www.avrfreaks.net/modules/FreaksArticles/files/17/Guide%20To%20Understanding%20JTAG%20fuses%20and%20Security.pdf

こういうのって、見つけにくい所に書いてあって気がつかないんですよね。よく読んでbreak pointが正しく動くようになったらまた報告します。

« 2013年7月 | トップページ | 2014年3月 »

最近の写真