« 平成24年度情報処理試験結果 → 不合格でした | トップページ | 外出先から自宅PCを操作したい »

2012年8月 4日 (土)

再スタート

仕事が一段落し、放送大学の期末テストも片付いたので、マイクロマウス開発を再スタートします。

今年はAVRを使ってみたい、さらには表面実装にもチャレンジしてみたいと思っていたのですが、5月の連休から完全にマウス開発がストップしていました。そしてもう8月。今からハード開発をやっていたのでは、11月の全日本大会に間に合わない。ここは気持ちを切り替え、H8/3052を使った昔の機体を使ってプログラムをC++で書きなおす方針で開発をすすめることにしました。

C++。学生時代にちょろっと勉強したけど実務で使ったことはなく、設計はオブジェクト指向の考え方で実装はC言語というアンバランスを10年近く続けてきました。これを機会に、組み込み用途でC++を使えるようにしておきたい、というのが今回のチャレンジ内容です。

C++を組み込み系で使用する場合、例外処理やnew/deleteによる動的なメモリ管理など、よく考えないと危ない部分があります。そこで今回は、JSF Air Vehicle C++ Coding Standard を参考にさせてもらうことにしました。これは、JSF = F35戦闘機の開発で使用されている、安全性に対して要求される水準が非常に高い開発のために考えられたC++用コーディング標準です。(一般人向け説明はこちらをどうぞ。) 大規模開発を行うわけではないのですが、先人の知恵を学ぶという意味で参考にさせてもらいます。

まずはシミュレータ上で迷路探索アルゴリズムを作っちゃおうかな。

« 平成24年度情報処理試験結果 → 不合格でした | トップページ | 外出先から自宅PCを操作したい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/55352255

この記事へのトラックバック一覧です: 再スタート:

« 平成24年度情報処理試験結果 → 不合格でした | トップページ | 外出先から自宅PCを操作したい »

最近の写真