« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

原子炉災害用ロボットが活躍できないわけ

私は学生時代からロボットにかかわってきました。その記憶によると、国家プロジェクトとして大規模災害用の極限作業ロボット開発プロジェクトがあったり、JOCの事故のあと原子炉災害時に使用するためのロボットが開発されてきたはずなのに、なぜいま福島の原発にそれらのロボットが投入されないのか、不思議に思っていました。

まったく使いものにならないのか、それともすでに廃棄されてしまったのかと勘繰っていましたが、そうではないようです。mixiのロボット工学コミュニティで、福島第一原発の事故に対してレスキューロボットがスタンバイしているのに、行政側で受け入れる窓口が無いとかで、結局使われていないという話が出ていました。そのトピックで紹介されていた記事のURLをいくつか挙げておきます。

日立の原子力防災ロボット http://www.hitachi.co.jp/rd/research/robotics/history/2000.html

日本原子力研究所および原子力安全技術センターの防災ロボット http://www.bousai.ne.jp/vis/torikumi/030301.html

NEDOの戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクトによる特殊環境用ロボット https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/press/EP/nedopress.2009-02-12.9584337129/

消防庁ハイパーレスキューの災害対策ロボット http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=bCywmQaa8Xw

IRS-Uという消防隊員で構成された(なぜかボランティアな)組織 http://rescuesystem.info/IRS-U/

産経ニュースの記事 http://sankei.jp.msn.com/science/news/110318/scn11031818540001-n1.htm

日刊工業新聞ロボナブルの記事 http://www.robonable.jp/news/2011/03/18nustec.html

GetRobo Blogの記事 http://www.getrobo.com/getrobo_blog/2011/03/can-robots-be-sent-in-to-nuclear-power-plant.html

実績が無いとかいう人もいるようですが、原子炉災害の実績なんてあるほうがめずらしいでしょう。また、遠隔操縦の妨げになっている電波の出力に関しては、国家の非常事態なので、総理大臣の決断で「非常時だから今回だけOK」にしてくれればそれで済む話です。少なくとも、日給40万円で命を削って人間に作業してもらうより、多少壊れてもいいからロボットを投入したしたほうがいいし、やろうと思えばできるだけの準備は(すくなくとも消防庁では)整っていると思います。

非常時だからこそ使えるものは何でも使って、作業員が命を削ることを避けていただきたい。

2011年3月28日 (月)

2011年の目標 3月までの進捗

毎年1月の初めに1年間の目標を掲げるようにしていますが、あまり進捗を管理していなかったというか、目標を掲げたことすら忘れていることを思い出しました。そこで今日は、3月現在の進捗を書いてみます。今年の目標についてこちらを見てください

  1. 社会貢献   0% (4月に予定)
  2. 資格試験  50%?(ES試験は6月に延期。セミナー受講済み)
  3. 教養      ?% (3月に2教科期末試験合格。でも今年度は受講しない)
  4. 投資教育  20% (1冊読んだ)
  5. 電気CAD   0% (スケジュール組んでいません)
  6. 表面実装   0% (これもスケジュール組んでいません)
  7. EVM法    0% (未着手)
  8. 自己管理   0% (これも未着手)
  9. 基礎体力  50% (愛鷹さくらRunFesに参加。4月には日本平桜マラソン参加予定)
  10. ダイエット   ?%

全て同じ重みでトータルすると、進捗率は12%です。難易度がバラバラなので、本当に同じ重みづけでいいかどうかはあやしいところです。

ここからわかることは、「スケジュールが組まれないものは実行されない」ということです。また、自己管理に関しては達成できたかどうか測る目安が無いので、これも管理しにくいですね。一番難しそうで、大切な自己管理。私はこれができていないので、今日はこれを実行するための仕込みをしてから寝ようと思います。

2011年3月27日 (日)

家庭用 災害時行動マニュアル

mixiの災害関連コミュニティで、阪神淡路大震災の被災経験者等が被災時はどのように行動すればよいか、避難時に役立ったものなどを紹介しています。こういう機会に、自分で何を備えておけばよいかまとめておこうと思いました。そう思ったのですが、そういうのは既に誰かがやっているだろうと思い直してささっと調べてみたところ、世田谷区がそういうマニュアルを整備してくれていることが分かりました。役に立ちそうなのでここで紹介しておきます。

災害時区民行動マニュアル(世田谷区)

このマニュアルで網羅されていないけれど、私としては必定なんじゃないかと思う事項を挙げておきます。

  • 家族・親戚・友人と安否確認手段を取り決めておく(相手にそれを知らせておく)
  • 自分が死亡した場合に連絡するべき相手をグループごとにリストにしておく。
  • 普段すべき教育として、災害対策の講習会や応急手当の講習会に参加する。

災害が起きてから準備したのでは間に合わないことがおおいので、平時に準備しておくことが大切ですね。

2011年3月19日 (土)

福島第一原発事故の解説

東北関東大震災と、それに続く大津波により福島第一原子力発電所が大変な状態になっていることは、連日の報道によりご存知かと思います。原子力工学の専門家が書いた解説記事が非常に分かりやすかったので、ここで紹介しておきます。

MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

最近の写真