« 中間レポート提出完了 | トップページ | 次の締め切り »

2010年11月30日 (火)

USB-シリアル変換モジュールのソケットが取れていた

放送大学の中間レポート(通信添削)を送ったので、今年度のつくばチャレンジの反省に戻ってきました。今日はDCモータのトルク不足問題を再調査しようとして、ロボットの筺体をあけてみたら。本番の走行ログでファームがハングアップしているように見えた原因がわかりました。

こいつが犯人です。

Usb_socket_broken

写真に写っているのは、秋月で買ってきたUSB-シリアル変換モジュールです。制御用PCと台車制御回路基板上のマイコンとは、このモジュールを介して通信しています。そのモジュールのUSBソケットが取れているではありませんか! おそらく、USBケーブルが中途半端な高さに浮いた状態でバッテリなどに押されて、USBソケットに無理な力が繰り返し働いたのだと思います。USBソケットがとれていれば通信できないのは当たり前なので、制御用PCからみたらファームがハングアップしているようにみえるのは納得できます。去年からずっと同じ状態で使っていたので、潜在的に壊れる可能性がずっとあったわけです。

修理するのは簡単ですが、再発防止策をしっかり考えておかないことには同じことを何度も繰り返すことになります。USBケーブルがUSBソケットのみで保持されていることに原因があるので、理想的にはUSBケーブルが回路基板に触れる状態になっていれば無理な力がかからなくてよい。もっといえば、USBケーブルそのものがないのが一番いい。

USBケーブルが無いってことは無線ですか。Bluetoothモジュールが手元にあるのでやればできなことは無いと思います。しかし、無線は無線でいろいろ難しいところがありますから、もうちょっと対策を考えてみます。

« 中間レポート提出完了 | トップページ | 次の締め切り »

コメント

かみやんさん、いつもコメントありがとうございます!

ファームがハングアップすることなんて今まで一度もなかったので、どこにバグがあるのだろうと不思議に思っていたところでした。まさか、物理的に壊れていたとは・・・

DCモータのトルク不足問題が解決したら、電流の計算などをやり直して、回路基板を作り直したいと思っています。

うぉー。って感じですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/50175899

この記事へのトラックバック一覧です: USB-シリアル変換モジュールのソケットが取れていた:

« 中間レポート提出完了 | トップページ | 次の締め切り »

最近の写真