« NASが壊れた | トップページ | バックアップ用の媒体について考える »

2010年6月16日 (水)

NASのHDDからデータをサルベージできることを確認

先日の日記の続報です。

NASが起動できないのはなぜなのか考えて、いろいろ試してみることにしました。結論から言うとNASの電源ユニットが死にかけているのだと思います。その証拠に、内蔵されているHDDに別系統で5V 1.2A、12V 1.2A の電源を供給してやったらNASがちゃんと起動して、中のデータを読み出すことができました。

電源があやしいと気付いたのは、HDDに供給されている電源の電圧をテスターで測ってみたからです。5Vの端子を測って見ると、HDDのモータが回る前は5Vなのに、モータが回りだそうとすると4.5Vくらいに落ちてしまう。この手の現象は、電源の電流が足りてないときによく見かける現象です。モータは回り始めに一番大きな電流を必要とするので、NASの電源ユニットが故障してこの電流を賄えなくなっているとすれば、この現象の説明がつきます。HDDは5Vと12Vの電源を必要としているので同様に12Vについても確認してみました。電源電圧の変化は5Vも12Vも一緒でした。

電源が壊れているという仮説を立てたので、それなら正常な電源があれば動くだろうと考えました。安定化電源があれば必要な電源を確保できますね。安定化電源がなくても、手段はいろいろあると思いますが。(例えば5V出力のACアダプタと12V出力のACアダプタを使うとか。) 安定化電源×2系統をHDDにつないでNASを起動したらデータ読み出しまでできたので、おそらくこの「NASの電源ユニットが故障した」という仮説は正しいものと思います。

Nas_debug_20100616

NASが起動できるようになったついでにNASのWeb設定画面からHDDのチェックをかけてみましたが何も問題が見つかりませんでした。ということで、HDD自体の故障ではなさそうですし、データも壊れてなさそうです。

ただし、NASの中にある写真などのデータが10GB程度であり、ノートPCのHDDにコピーするには大きすぎるため完全なサルベージがまだできていません。とりあえず、サルベージできそうだということはわかりました。DVD-Rにでもデータを吸い上げたら、修理に出そうと思います。

« NASが壊れた | トップページ | バックアップ用の媒体について考える »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/48647561

この記事へのトラックバック一覧です: NASのHDDからデータをサルベージできることを確認:

« NASが壊れた | トップページ | バックアップ用の媒体について考える »

最近の写真