« log4cxx を Visual C++ 2005 でビルドする | トップページ | NASのHDDからデータをサルベージできることを確認 »

2010年6月15日 (火)

NASが壊れた

NASというのは、Network Attached Strage(ネットワーク接続されたHDD)のことです。

メインで使用しているノートPCのデータバックアップ用にLinkStationを使用しているのですが、こいつが壊れました。これまでも何度かピーピーとブザー音を鳴らしていたり、NASが勝手に止まっていたりしたのですが、今日はとうとうNASに内蔵されているHDDを認識しなくなったようです。これは、エラーを示すLEDの点滅状態からエラーコードE16だったので、HDD認識せずってことだと思います。

NASにはデジカメで撮影した写真が数十GB入っているので、サルベージできないと困ります。NASからDVD-R×3枚に写真のバックアップを最後に取ったのは昨年の9月末。一応バックアップがあるので全滅は免れますが、やはりHDDはいずれ壊れるものと思っておいたほうがよさそうです。

「HDD認識せず」ってことなら、ディスクが物理的に壊れたわけではないと思うので、うまくやればHDD内のデータをサルベージできるんじゃないかと期待しています。

« log4cxx を Visual C++ 2005 でビルドする | トップページ | NASのHDDからデータをサルベージできることを確認 »

コメント

シドさん、はじめまして。コメントありがとうございます。サルベージ屋さんなのですね。

後日の日記にあるとおり、データのサルベージに成功しました。その後電源ユニットをあけてみたところ電界コンが2個ほどパンパンになっていたので、おそらくこれを交換すれば材料費200円以下で自分で修理できるものと思います。しかし、USBの外付けHDDやUSBメモリが安いのに、わざわざ転送速度の遅いNASを修理するのがバカバカしくなってしまい、修理していません。

NASの故障がHDDの故障より頻発してるんじゃないかと思うのは私だけでしょうか。

はじめまして。
つい最近知人のお客さんから、IO-DATAのNAS-HDDの電源故障でデータ・サルベージの依頼を受けました。
中身はLinuxフォーマットで、RAIDなんかが組まれていたり、フォルダーにユーザのロックが掛っていたりで結構苦労しました。
お気持ち察します。恐らくデータは無事だと思います。うまくサルベージできるといいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/48633998

この記事へのトラックバック一覧です: NASが壊れた:

« log4cxx を Visual C++ 2005 でビルドする | トップページ | NASのHDDからデータをサルベージできることを確認 »

最近の写真