« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月26日 (土)

情報処理試験(ES試験)今年も不合格

H22年度の情報処理技術者試験の結果が出ました。今年も不合格でした。

点数の内訳は次の通り。

  • 午前 I ・・・ 免除
  • 午前 II ・・・ 80点
  • 午後 I ・・・ 56点
  • 午後 II ・・・ 採点無し

午前IIの結果は自己採点通り。去年は午後IIが38点だったので、ちょっとましになったといえばましになっていますが、合格ラインである60点には届きませんでした。仮に午後Iがもう1問くらい当たって60点になっていたとしても、午後IIが自己採点で60点に達していない感じだったので、ラッキーで合格することはなかったでしょう。

あとは時間内に問題を解く受験のテクニックで合格できるようになるんじゃないかという気がしています。やっぱ過去問かな。

2010年6月16日 (水)

バックアップ用の媒体について考える

NASのHDDに入っている10GB程度のデータをDVD-R×4枚にコピーしつつ、バックアップをどこに取るのがよいのか考えてみました。

まずHDDですが、今回のようにNASの電源が故障するというのは予想外でしたが、HDD自体が故障するのは非常によくあることなので、バックアップ用のメディアとしてはあまり信用できません。ちなみに、よく「高温下ではHDDが故障しやすい」といわれていますが、Googleの研究によるとそうでもないらしいです。

続いてDVD-Rです。データの量が4GB以下ならDVD-R 1枚で済むのでDVD-Rが安くてよいメディアだと思います。しかし、今回のように10GBもあるとDVD-Rにデータを焼く時間がすごくかかるし、いちいちディスクを入れ替えてやらなきゃいけないので面倒です。

そんな中、USBメモリなんていいんじゃないかなぁと思い始めました。今時のUSBメモリだと、16BGで3000円前後で売ってます。倍の32BGでも6~7000円くらいです。機械的な動作もないし、電源もPCから供給できます。傷がついてデータが読めなくなることもないので、けっこう有力でしょ?

NASのHDDからデータをサルベージできることを確認

先日の日記の続報です。

NASが起動できないのはなぜなのか考えて、いろいろ試してみることにしました。結論から言うとNASの電源ユニットが死にかけているのだと思います。その証拠に、内蔵されているHDDに別系統で5V 1.2A、12V 1.2A の電源を供給してやったらNASがちゃんと起動して、中のデータを読み出すことができました。

電源があやしいと気付いたのは、HDDに供給されている電源の電圧をテスターで測ってみたからです。5Vの端子を測って見ると、HDDのモータが回る前は5Vなのに、モータが回りだそうとすると4.5Vくらいに落ちてしまう。この手の現象は、電源の電流が足りてないときによく見かける現象です。モータは回り始めに一番大きな電流を必要とするので、NASの電源ユニットが故障してこの電流を賄えなくなっているとすれば、この現象の説明がつきます。HDDは5Vと12Vの電源を必要としているので同様に12Vについても確認してみました。電源電圧の変化は5Vも12Vも一緒でした。

電源が壊れているという仮説を立てたので、それなら正常な電源があれば動くだろうと考えました。安定化電源があれば必要な電源を確保できますね。安定化電源がなくても、手段はいろいろあると思いますが。(例えば5V出力のACアダプタと12V出力のACアダプタを使うとか。) 安定化電源×2系統をHDDにつないでNASを起動したらデータ読み出しまでできたので、おそらくこの「NASの電源ユニットが故障した」という仮説は正しいものと思います。

Nas_debug_20100616

NASが起動できるようになったついでにNASのWeb設定画面からHDDのチェックをかけてみましたが何も問題が見つかりませんでした。ということで、HDD自体の故障ではなさそうですし、データも壊れてなさそうです。

ただし、NASの中にある写真などのデータが10GB程度であり、ノートPCのHDDにコピーするには大きすぎるため完全なサルベージがまだできていません。とりあえず、サルベージできそうだということはわかりました。DVD-Rにでもデータを吸い上げたら、修理に出そうと思います。

2010年6月15日 (火)

NASが壊れた

NASというのは、Network Attached Strage(ネットワーク接続されたHDD)のことです。

メインで使用しているノートPCのデータバックアップ用にLinkStationを使用しているのですが、こいつが壊れました。これまでも何度かピーピーとブザー音を鳴らしていたり、NASが勝手に止まっていたりしたのですが、今日はとうとうNASに内蔵されているHDDを認識しなくなったようです。これは、エラーを示すLEDの点滅状態からエラーコードE16だったので、HDD認識せずってことだと思います。

NASにはデジカメで撮影した写真が数十GB入っているので、サルベージできないと困ります。NASからDVD-R×3枚に写真のバックアップを最後に取ったのは昨年の9月末。一応バックアップがあるので全滅は免れますが、やはりHDDはいずれ壊れるものと思っておいたほうがよさそうです。

「HDD認識せず」ってことなら、ディスクが物理的に壊れたわけではないと思うので、うまくやればHDD内のデータをサルベージできるんじゃないかと期待しています。

2010年6月13日 (日)

log4cxx を Visual C++ 2005 でビルドする

自分用の覚え書きです。

参考にしたブログ

 http://kshoz1.at.webry.info/200805/article_2.html

環境 Windows Vista + Visual Studio 2005 Standard Edition

上記ブログの 3)設定用バッチの実行において、Windowsには sed コマンドがないためconfigure-aprutil.batの中身が実行されません。そこで、configure-aprutil.batがやりたかったことを手作業で行います。

sed -i -e "s/#define APU_HAVE_APR_ICONV\b.*/#define APU_HAVE_APR_ICONV 0/" ..\apr-util\include\apu.hw
の代わりに、
..\apr-util\include\apu.hw 98行目
#define APU_HAVE_APR_ICONV 1
 ↓↓↓
#define APU_HAVE_APR_ICONV 0
に変更。

sed -i -e "s/#define APR_HAS_LDAP\b.*/#define APR_HAS_LDAP 0/" ..\apr-util\include\apr_ldap.hw
の代わりに、
..\apr-util\include\apr_ldap.hw 34行目
#define APR_HAS_LDAP 1
 ↓↓↓
#define APR_HAS_LDAP 0

これってよく見ると、「Known Issues」のヘッダファイル変更と同じようなことやってますね。

あとは参考にしたブログと同じでOK。Visual Studio 6.0用のプロジェクトファイルはVisual Studio 2005が自動的に2005用に変換してくれるので、それに任せます。

2010年6月11日 (金)

Looking for Loggign library in C++ / C++でloggingするライブラリを探す

I'm slowly preparing my robot for comming Tsukuba-challenge 2010.

Last year, I've worte a control program for my robot in C# (which is one of programming language.) But this year, as I wanted to use Top-URG (a laser-scanning range sensor), and its library is written in C/C++, I decidet to use C++ now.

And next comes logging library in C++. Logging in program is important to debug or trouble shoot. I wanted to use log4cpp, but I couldn't resolve some problem on its compiling & building. Now I'm trying Apache log4cxx. I hope it'll be buit easily.

今年度のつくばチャレンジに向けて少しずつ準備を進めています。

これまでC#からTop-URGを使おうとして、自力でURGLibのC#版を実装していたのですが、5月が終わった時点でこれは無駄だと判断。ここで配布されている本来のURGLibをVisual C++でビルドしてみたら1日でTop-URGから計測データが取得できるようになりました。ああ、時間を無駄にした。

URGLibでC++を使うことにしたので、プログラム中のログ収集用ライブラリもlog4jライクなC++用のものを探してみました。最初に目に入ったのは log4cppです。しかし、これはVisual C++ 2005からではビルドがうまくいかず断念。次は似たようなところで log4cxx に挑戦してみます。

2010年6月 7日 (月)

NHKオンデマンドと iTunes U

先日何気なくNHKを見ていたら、ハーバード白熱教室というシリーズで「これから正義の話をしよう」というキャッチフレーズで正義に関する哲学の講義をやっていました。私が見たのは第8回だったようです。こりゃ面白いものを見逃したと思って、NHKオンデマンドなら見逃した番組を見られるだろうとNHKオンデマンドに会員登録をしたのですが、今日探してみたところ第9回しか配信されていないようです。どうも過去の動画を全部見られるというわけではなさそうです。

それじゃ意味ないじゃんと思っていたら、Apple社のiTunes Uというサービスで、このオリジナルの講義が無料で配信されていることを知りました。もちろんオリジナル版なので講義は英語のままですが、トランスクリプトもあるようなので、聞き取れないところは何とかカバーできるんじゃないでしょうか。英語がつらいなら、日本語でノートを取ってくれている方がいるので、そちらを見てしまったほうが早いかもしれません。

それにしても。NHKオンデマンドが以外と使えねぇってことと、Pod castでこれほど多彩な講義が公開されているのだということに驚きました。Pod cast用なら、iPad買ってもいいかな。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近の写真