« 逃げ出したい時が踏ん張りどころ | トップページ | カルマンフィルタのチューニング »

2009年10月25日 (日)

Visual Studio 2005 で NUnit を使おうと思ってトラぶった

自分向けのメモ書きです。今、つくばチャレンジ用のロボットのナビゲーションプログラムをC#で書いていますが、自分で作ったプログラムの部品(クラス)の単体テストを行うのに NUnitを使ってみようと思いました。

NUnitの使い方はこちらに詳しく書かれています。

で、さっそくトラブルが発生しました。上記のPDFに従ってテスト環境を整えたのち、ビルドすると Visual Studio がこんなエラーメッセージを吐きます。

エラー 1 ファイル 'Microsoft.Windows.CommonLanguageRuntime, Version=2.0.50727.0' が見つかりませんでした。

このエラーメッセージでググってみると、すでによく知られたもののようです。どうやって解決すればよいかも、いろいろ探してみたら見つかりました。ここのフォーラムに解決策が回答されています。さっそく私も プロジェクトのプロパティ -> 署名 -> OneClickマニュフェストに署名する、のチェックボックスをはずしてみましたがこれでは解決せず。別の解決策として挙がっていた、参照設定でプロジェクトへの参照をはずして、exeファイルへの参照を行う方法を試してみたらこちらで上記のエラーメッセージが消えました。

« 逃げ出したい時が踏ん張りどころ | トップページ | カルマンフィルタのチューニング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/46574786

この記事へのトラックバック一覧です: Visual Studio 2005 で NUnit を使おうと思ってトラぶった:

« 逃げ出したい時が踏ん張りどころ | トップページ | カルマンフィルタのチューニング »

最近の写真