« 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない | トップページ | もったいなくて捨てられない部品を処分する »

2009年6月14日 (日)

台車制御モジュールからモータが動いた

DCモータがやっと回りました。

ロボット開発における山場は幾つかありますが、最初の山場はCPUの立ち上げまでで、次の山場がモータが回るまでです。モータが回ったということは、CPUが正しく動いていて、ホストとCPUが正しく通信できていて、電源系と駆動系の回路がそれぞれ正しく設計されて、正しく実装できていることを意味します。

大幅にスケジュールがスリップしてから計画の見直しをしないままズルズルとやっていますが、今日はこれから計画を立て直して、8月1日にはマニュアル操縦でセンサデータ収集ができるレベルまで確実に持っていきたいと考えています。

« 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない | トップページ | もったいなくて捨てられない部品を処分する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/45339697

この記事へのトラックバック一覧です: 台車制御モジュールからモータが動いた:

« 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない | トップページ | もったいなくて捨てられない部品を処分する »

最近の写真