« fit-PC2がとどいたのでWindows XPをインストールした | トップページ | 台車制御モジュールからモータが動いた »

2009年6月13日 (土)

新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない

いつもお世話になっている自動車ディーラー(ネッツトヨタスルガ)から12カ月点検の案内の電話があったのと、ちょうど後輪のブレーキからいつも擦れる音がして気になっていたこと、バッテリとオイルの交換をしようと思っていたことが重なって、今日はディーラーまで行って点検を受けてきました。

1時間ほど待っている間に馴染みの営業さんから「試乗してみませんか?」というお誘いを受けて、まるでチョロQのような車に試乗させてもらいました。排気量は1000ccと小さいのに車体が軽いせいなのかアクセルを軽く踏んだだけで十分加速します。普通に運転していると私が乗っているセリカとそれほど違いがありません。よくできた車だと思います。ただし、バックしようとすると後ろが見えない。

点検でブレーキを見てもらった結果、ブレーキディスクが階段状に削れてしまっていること、ブレーキパッドが既定の隙間分だけ戻らなくなっていることにより摩擦音がしていることがわかりました。ついでにサイドブレーキの効きが悪いことも伝えたところ、ブレーキの修理をする際にブレーキを分解するのでそのときに見ておきます、という返事をもらいました。ついでにサスペンション周りのゴム部品がヘタリ始めていること、クラッチが大分擦り減ってしまっていることもわかりました。

これだけ全部修理すると、ざっと見積もっても20万円を超えてしまいます。今のっているセリカは平成7年式なので中古車としての市場価値はほぼ0円。ちょうど13年を超えているので、それなら下手に修理するより25万円の補助金やエコカー減税がある今、車を買い換えてしまってもいいのかなぁなんて思いました。

« fit-PC2がとどいたのでWindows XPをインストールした | トップページ | 台車制御モジュールからモータが動いた »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/45328495

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない:

« fit-PC2がとどいたのでWindows XPをインストールした | トップページ | 台車制御モジュールからモータが動いた »

最近の写真