« fit-PC2 発売開始 | トップページ | 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない »

2009年6月13日 (土)

fit-PC2がとどいたのでWindows XPをインストールした

先日は fit-PC2の発売が開始されたと書きましたが、購入を申し込んでお金を振り込んだら2日でfit-PC2がとどきました。これに、2.5インチSSD(32GB)を挿して、OSを入れてみました。

当初は手元にWindows XP Home Editionが余っていると思っていたのですが、会社の寮を出るときに管理人さんに自作PCと一緒に譲ってしまったらしく、XP Homeがありません。Windows 2000なら余っているのがあるのでこれを入れてみようと試みましたが、インストールがうまくいきませんでした。おそらく、Windows 2000の時代にはSATAというものがなかったのでドライバがなくて動かないということなのだろうと思います。(Windows XP SP2以前でSATAのHDDにOSをインストールする場合に発生する問題点と同じことが起きていたので。)

Windows XPでもSP3以降ならSATAドライバが統合されているようなので、近所の電気屋さんでWindows XP Home Edition(SP3)を購入して、ようやくインストールが進むようになりました。ついでに書いておくと、私の手元にUSB接続のキーボードが無く、キーボードがないとインストール作業ができないことがわかったのでキーボードも購入しました。

OSのインストール後、これも新たに購入したMacAfeeインターネットセキュリティをインストールして、いざネットワークにつないでWindows Updateをかけようとすると、ネットワークにつながりません。よく見てみると、ネットワークアダプタ自体が認識されていません。しゃーないので、ここからドライバ類をダウンロードしてセットアップしてネットワークにつながるようになりました。そしてようやくWindows Updateができて、一通りのインストール作業が完了しました。

ここまでで気付いたことを書いておきます。まず何といっても筺体が熱くなります。室温25℃に対してfit-PC2の筺体の温度は45~48℃くらいになります。(非接触温度計で計測。) アルミでできた筺体の温度がそれくらいなのですから、内部のCUPはおそらく50~60℃くらいは行っているだろうと思います。ロボットのコントローラとして使用することを考えると、ヒートシンクや冷却ファンなどなんとかして熱を逃がす方法を考えないとまずい。

もうひとつ特筆すべきことは、接続できるモニタがDVIじゃないと駄目だってこと。D-sub15ピンのアナログRGBじゃダメなんですよ。私はどうしたのかって? えぇ、DVI入力がある液晶ディスプレイも買ってしまいました・・・

« fit-PC2 発売開始 | トップページ | 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/45328273

この記事へのトラックバック一覧です: fit-PC2がとどいたのでWindows XPをインストールした:

« fit-PC2 発売開始 | トップページ | 新しい車の購入を考える時期がきたかもしれない »

最近の写真