« ロボット検定が始まるらしい | トップページ | GW中にマニュアル走行は完成できない模様 »

2009年4月26日 (日)

回路が複雑になり過ぎている

来るGW中にマニュアル走行を完成させるべく、この土日で回路の配線設計をしています。先日紹介したMinimal Board Editor で部品のレイアウトと配線をしながら、20~30%くらい配線が進んできたところで、この回路はスルーホール基板で手作業で作るには複雑すぎるんじゃないかと思い始めました。

まずは現在の様子。大きな部品を乗せて、グランド系と電源系だけ引きまわして、こんな感じになってきました。

09catr_ctrl_module_too_complexed

基板の面積はさほど問題ではないのですが、これから先細かい部品が乗って配線が増えてくると配線の上を飛び越えて配線するケースが増えてきて、設計ミスや実装ミスが発覚したときに修正が難しくなる虞があります。その前に、設計そのものが正しいかどうか図面上で検証するのも大変そう。

複雑になったシステムを上手に管理するにはどうするか。古代ローマの時代から「分割統治」という定石がありますから、この回路も分割統治するのが賢いやり方だと思います。今回の回路は大きく分けると電源系、CPU系、モータドライバ系から構成されており、電源系が比較的切り出しやすいので、これを別基板にしてしまうのが良さそう。よく考えてみると、12V系は台車の制御とは無関係なので12V系だけ切り出してしまうという手もありそうです。

金曜日の夜から作業した分の時間を捨てることになりますが、実装後にトラブルが発生して改修する手間がかかるより今手を打っておいた方がトータルで必要な時間が短くなるものと信じて、電源系を別基板に切り出すよう設計変更したいと思います。

« ロボット検定が始まるらしい | トップページ | GW中にマニュアル走行は完成できない模様 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/44798823

この記事へのトラックバック一覧です: 回路が複雑になり過ぎている:

« ロボット検定が始まるらしい | トップページ | GW中にマニュアル走行は完成できない模様 »

最近の写真