« 2009年度版 概念設計と開発戦略 | トップページ | つくばチャレンジ2009参加者登録開始 »

2009年3月30日 (月)

fit-PC2

先日の日記で、ロボットに搭載するPCとしてfit-PC slimARTiGOを紹介しましたが、fit-PCの後継機種としてfit-PC2というのが4月から発売されるようなので、こっちが本命になりそうな気がしてきました。

つい先日までは処理速度やRAM容量の面でfit-PCよりARTiGOを使うつもりでいましたが、消費電力を見てみると

全体システムの電力消費はアイドル時に約15Wであり、メインボードそのものが全負荷時でも最大20Wしか消費しません。VIAのニュースリリースより)

とまあ微妙な表現かつロボットに積むには消費電力が大きすぎるので、これはまずいかなということに気付いてしまいました。アイドル時に15Wということは、電源電圧をざっくり15Vと仮定すると電流が1A必要ってことですよね。アイドルなので、走行せずにただボケっとしているだけで体力を消耗していくわけで、そんな出走順序を待っている間にバッテリが空っぽになるようなPCはロボットに積めません。一方、fit-PCの消費電力は4~6W程度だそうなので、電流がざっくり0.3~0.4A程度。これならかなりマシです。

それじゃfit-PC slimを買っちゃおうかなと思ってfit-PCのサイトを覗いてみたら、fit-PC2 comming soon! と書いてあって、09年4月に発売を開始する旨の告知があったので、fit-PC2のスペックについてどこかに情報があるだろうと探していたら、最初に紹介したfit-PC2 wikiを見つけました。CPUはIntelのAtomプロセッサ、RAMが1GB。メカニカルスペックを見ると fit-PCより小さく、軽くなっていますから、かなりチャレンジングな製品だと思います。ちなみに消費電力は "8W at full CPU load" 、スタンバイ時は 1W未満とfit-PC2 wikiに書いてあります。

結論。fit-PC2をWire-less LANあり、HDDなしで購入して、SATAの2.5インチSSDにWindows XPを載せることにします。HDDじゃなくてSSDにするのは、振動によるHDDの故障防止、消費電力低減の二つのメリットがあるからです。

ロボットの台車モジュールの回路設計時にシステム全体の消費電力を見積もって電源回路を設計する予定なので、計算したらここのblogに資料をUpします。(4月中にやります。)

« 2009年度版 概念設計と開発戦略 | トップページ | つくばチャレンジ2009参加者登録開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/44508345

この記事へのトラックバック一覧です: fit-PC2:

« 2009年度版 概念設計と開発戦略 | トップページ | つくばチャレンジ2009参加者登録開始 »

最近の写真