« AVRが動き出した | トップページ | AVRの練習用回路 »

2009年2月 3日 (火)

アルカリ電池の液漏れが相次いでいる

昨日、テスターを使って回路の導通チェックをしようとしたらブザー音が弱々しかったので電池交換をしようとテスターのふたを開けてみたところ、電池が液漏れを起こしているのを発見しました。

Img_3099  Img_3100

この電池、SONY製の単三型アルカリ電池で、鉄腕アトムの絵柄がついているヤツです。電池に書かれている使用期限をみると、12-2005と書いてあります。ありゃ、使用期限切れてたか。だからといって液漏れするのはダメでしょう。ちなみに、同じ電池で毛玉取り機とLEDランタンでも液漏れを起こしていました。

ついでなので使用期限が切れたら液漏れするもんなのか、ちょっとググってみたところ。
Sony Japan 「ソニーアルカリ乾電池単3形」お買い上げのお客様へ 
前科ありでしたか。

液漏れがなぜ起きるのか。ここが分かりやすかったので紹介します。液漏れを起こすメカニズムは、

  1. 電池が過放電状態になり、
  2. 化学反応で発生したガスの圧力が高まり、
  3. 安全弁が働いてガスが抜けるときに電池内の電解液が一緒に漏れる。

というこのとのようです。

何のデータもないまま書きますが、液漏れだけじゃない電池のトラブルも含めて特定のメーカーに偏って問題が発生している気がするので、今度電池を買うときは東芝、パナソニック、サンヨー、マクセルを選ぶようにします。

« AVRが動き出した | トップページ | AVRの練習用回路 »

コメント

高級電池は別として、普及品はそのほとんどがOEM生産と見受けます。つまり、どのメーカーの製品も生産している工場は同じ、ラインも同じ、製法が少しだけ違うこととラベルも違う、ゆえに、不具合は販売メーカーにかかわらず発生するのでは無いかとうかと考える。早い話、や使う材料の一部が異なるだけで、殆どの部材は同じとだし、ラインが同じなので、かしめ具合などは同じ、密封度合も同じなのでしょう。新開発の付加価値の高い電池は製法が漏れないよう管理された自社工場で作るので品質も高く事故も少ないのでしょう。OEM生産となると生産する側はコストダウンのための工夫をする訳で、それが品質の維持ができなくなる要因につながる可能性は極めて高い。どの電池も品質に大した差がなくなる。にもかかわらず使う薬品は配合具合が異なるのでさまざまな事故を起こす。基本構造が同じだから製造工場の品質管理・維持体制依存とならざるを得ないのでしょう。同じラインで異なる電池を作る場合の切り替えもずさんな場合、残留物が混ざることも考えられます。私の使っている電池もソニー製は液漏れ品が多い。漏れた液でショートを起こして「バチッ、パン」とか「ジュルジュル」と電池から音が出るし、オーディオ機器では「ぶつぶつキュルー、ジジジー」っとノイズが出る(これ、LiIonでも同様)。大爆発や発熱・発火まではいかないが、結構やばい感じです。電池がダメになるだけでなく、機器が漏れた液に浸かり成仏することもあります。安売りの大量パックを使う時は要注意と考えます。とは言え、高価な電池を大量に購入・消費するのはちょっと・・・。ウン十年前のPanaの電池液漏れなしで動いているが、近年のものは簡単に液漏れするのもこのような事が要因だと考えています。高信頼なのは、新規の主力製品だけ。 (乱文・長文にて失礼いたします)

名無し様、コメントありがとうございます。

東芝製もだめでしたか。メーカー別液漏れ頻度ランキングがあるか、探してみたくなりました。

ソニーも、パナも東芝も、となると、特定のメーカーにある設計不良ではなくて、現在の乾電池が抱える共通の問題点なのでしょうね。

 東芝アルカリ電池LR6(L)使用推奨期限05-2019単三にやられました。
アラーム時計が動いているのに液漏れ、拭き取り交換したが故障してしまいました。
 もう10年以上使用している時計なのに動いている内に漏れ出した電池
は初めてです。
 2015.8で漏れるとは不良品だったのでは?

PANASONICもだめです。
LR03T単4アルカリ
使用期限02-2015
P,N,両方液漏れ

東芝のアルカリ電池の信頼性も疑わしいものです。
使用推奨期間:06-2010品がマイナス側電極から液漏れを起こし大事な機器のマイナス側電極を腐食させました。
アルカリ電池の信頼性順位は、日立マクセル(液漏れ保証)、SONY(前にリコールしているから対策しているはず)、パナソニック、サンヨーの順かも知れませんよ!

東芝のアルカリ電池にはご注意を!!

なかさん、コメントありがとうございます。

某タイマーの話は、メーカー側からすれば笑ってられない事態ですよね。設計上の寿命が来たら「安全に」壊れて使えなくなる仕組みが必要かもしれません。<ガス給湯器やストーブの事故の教訓

おおおー、ソ●ータイマーって、乾電池にもあるんですか!勉強になりました。
我が家には彼の社の商品は一つもございませんが(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/43940162

この記事へのトラックバック一覧です: アルカリ電池の液漏れが相次いでいる:

« AVRが動き出した | トップページ | AVRの練習用回路 »

最近の写真