« アルカリ電池の液漏れが相次いでいる | トップページ | ビデオデッキの最後? »

2009年2月 3日 (火)

AVRの練習用回路

先日の日記に書いたAVR練習用の回路ですが、こんな感じにできました。

Avr_practice_cricut  Avr_practice_cricut2

まずは左の写真から説明すると、真ん中の黒いゲジゲジがATmega 644Pで20MHzのセラロックを使ってシステムクロックを作っています。黒いゲジゲジの右にあるのが秋月で買ったUSB-シリアル変換モジュール。その下に3.3V用の三端子レギュレータとリセットスイッチとAVRのファーム更新用に使うISP(In-System Programming)端子。黒いゲジゲジの左上はデジタルコンパスモジュールでこれは去年使ったやつです。そして左下が昨年末にストロベリーリナックスから購入したIMU 5DOFです。続いて右の写真はこの回路を裏側から見たところです。今回はできる限り錫メッキ線を多用して、ラッピングワイヤを減らしてみました。

本当は表面実装とかやってみたいのですが、どうせ一品ものしか作らないし、基板を外注すると結構お金がかかりそうなので、今年は手を出すのを我慢しておきます。

この回路はあくまでAVRの練習用なので、IMUとして使用するには足りない部品があります。設計のまずいところを見つけて本番用の回路にフィードバックしていく予定です。

« アルカリ電池の液漏れが相次いでいる | トップページ | ビデオデッキの最後? »

コメント

かみやんさん、いつもコメントありがとうございます。
実装は1日でできましたが、設計にはちょっと時間を食ってしまったのであまりサクッとでもないです。

かっちょいい。さくっとこういうのを作ってしまえるのがすごいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/43940318

この記事へのトラックバック一覧です: AVRの練習用回路:

« アルカリ電池の液漏れが相次いでいる | トップページ | ビデオデッキの最後? »

最近の写真