« シンポジウムを終えて | トップページ | It's a beautiful gift. »

2009年1月13日 (火)

ロボットに搭載するPC

2008年度はロボットの制御用PCとしてVAIO-C1XGを積んでいましたが、重さが1kgと重く、CPUのクロック周波数は400MHz、RAMが64MBと処理能力も貧弱だったので、載せ換えるのに何かいいものないかな~と思っていました。

載せ換える候補としてはVAIO type Uあたりが重さも処理能力も申し分ないのですが、値段はざっくり14~20万円とかなり高額で、Sony StyleのVAIOストアを見るとすでに商品のラインナップから外れています。(Amazonにはまだありますが。) 似たようなものを探してみると、富士通のLoox Uとか、工人舎のSCシリーズとかが見つかりました。最近はやりのネットブックでは、サイズが今のロボットで使っているツールボックスに収まらないので、NG。(それに、一般的なネットブックはみんな重さが1kg以上あります。)

そう思っていたらもっとよさそうなものがありました。fit-PCARTiGOです。どちらもすごく小さいし、ぶっちゃけロボットを制御するのに液晶ディスプレイやキーボードなどは不要なので、無駄なものがなくて安い方が良い。これに2.5インチのSSDを入れれば消費電力や発熱も抑え込めて、かなりいい感じになりそうです。

« シンポジウムを終えて | トップページ | It's a beautiful gift. »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/43724709

この記事へのトラックバック一覧です: ロボットに搭載するPC:

« シンポジウムを終えて | トップページ | It's a beautiful gift. »

最近の写真