« PlaceEngineはGPSを補えるか? | トップページ | PlaceEngineはロボットのナビゲーションに使えなさそう »

2008年11月30日 (日)

体調不良

昨日は職場の仲良しグループで日帰り小旅行に行ってきましたが、帰ってきて今日はだいぶ体調不良に見舞われています。

風邪なのか何なのか知りませんが、私の体調が悪くなるときにはある種のパターンがあって、気分が乗らない -> 体温が下がる(とくに、手の爪を見ると紫色になっている)-> その夜急に発熱 -> 一晩で治る、というパターンが毎年1~2回あります。はじめてこのパターンに気付いたのは大学4年生くらいだったような気がしますが、対処方法はきわめて原始的です。寒気に気付いたらさっさと自宅に帰り、暖房で部屋を暖かくして、何か食べて、栄養ドリンクを飲んで布団を敷いて寝る。それだけです。ついでに書くと、枕もとにはコップとペットボトルの水も用意しています。体が発熱することでウィルスをやっつけようとしているのだから、先回りして熱を保つ環境を作ってしまおうという作戦です。汗をかくことも多いので水分補給体制も用意してます。いわゆる風邪薬は「症状を抑える薬」であって風邪そのものを治してくれるわけではないので、症状を抑える必要があるとき以外使っていません。

今日は午前中に「今日はYetiにでも滑りに行こうかなぁ」と思いつつ思いとどまっていたら段々体が冷えてきて、これは来るなと思ったのでコンビニに戦略物資を調達に行って、午後3時には布団を敷いて寝てました。これを書いている今(午後8時くらい)では熱が下がってきたところですが、経験的には熱は夜に上がるものなので、これからまた布団を整えて寝なおします。ダメなら明日年休取ればいいと思ってます。

« PlaceEngineはGPSを補えるか? | トップページ | PlaceEngineはロボットのナビゲーションに使えなさそう »

コメント

お大事に。
私も若い頃(30歳くらいまで)は、発熱した時には無理やりでも肉類のおかずを食べ、とびきり熱いお風呂に入って、湯冷めしないうちに布団に入って寝る、という強引な方法で回復させてました(笑)。
スキー旅行に出かける当日に発熱してしまい、職場から帰宅してトンカツを食べ、熱い風呂に入って少し眠ったら、夜汽車の出発時間には平熱に戻ったので、そのままスキーに出かけたなぁ(勿論すっかり元気に楽しんできました)。
ただ、このやり方はほんとに30代半ばを過ぎると逆効果になってくるので、普段からあまり疲れを溜めないようになさって下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/43277288

この記事へのトラックバック一覧です: 体調不良:

« PlaceEngineはGPSを補えるか? | トップページ | PlaceEngineはロボットのナビゲーションに使えなさそう »

最近の写真