« 説明会までのToDo List | トップページ | 説明会まであと1週間 »

2008年7月10日 (木)

ヒートシンクでサンドイッチ

オフロード用のRCバギーがベースのくせに座布団すら乗り越えられない恥ずかしい状態を打開したいのですが、どうしてモータが止まってしまうのかまだよくわかりません。なので、今日いろいろ試していて「これかな?」と思ったことをいろいろ書いてみます。

まずは、PWM信号について。信号の周期を20KHzから10KHzにしてみましたが結果は変わらず。VNH2SP30-Eのデータシートを丹念に読んでいくと、page 6の Note に "During PWM operation, to avoid false Short to Battery detection, the PWM signal must be low for a time longer than 6μs."(意訳:PWMモードで制御するときは、バッテリショート検出機能が正しく機能するようにするために、PWM信号のLow時間を6us以上とってね。)と書いてありました。PWM信号のデューティを100%にするとバッテリショート検出機能が誤動作してモータに供給される電流を止めてしまうことがあるのかなぁ? そういうことが起こるのかどうかわかりませんが、とりあえずPWM信号のデューティが最大でも90%までしか行かないよう制限をかけてみました。ちょっとはマシになったかな?

Sandwitch

続いて、というよりこちらを先にやったのですが、会社の帰りがけに買ってきたヒートシンク×2個でモータドライバモジュールを上下からサンドイッチしてみました。気休め程度にしかならないだろうとは思うのですが、モータをロックさせた時に今度はヒートシンクがだいぶ熱くなることがわかりました。しかし、やはりまだ座布団を乗り越えることはできていません。

とりあえずこのまま進めて、どこかでDCモータをもう少し小さいものに、ギアをもう少し減速比の高いものに差し替えたほうがいいかぁと考えています。

« 説明会までのToDo List | トップページ | 説明会まであと1週間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/41791523

この記事へのトラックバック一覧です: ヒートシンクでサンドイッチ:

« 説明会までのToDo List | トップページ | 説明会まであと1週間 »

最近の写真