« 走行速度を制御する | トップページ | 座布団を乗り越えられない理由 »

2008年7月 5日 (土)

強力な助っ人

7/1の日記に書いたとおり、マヒソンさんにつくばチャレンジに向けたロボット開発を手伝ってもらえることになり、今日はその打ち合わせをしてきました。

彼は私より若いのですが、大学のクラブ活動で5年以上ロボットコンテストに出続けていたそうで、ロボカップ(ロボットでサッカーをする競技)でかな~り実戦経験(と実績)のある人だとわかりました。来週は彼の後輩が中国で開催されるロボカップ世界大会に出るので応援に行くそうです。(トラブル発生時のサポート要員を兼ねて。)

システム構成やナビゲーション戦略、障害物回避、スケジュールの組み立てなど話をしてみて、素直なシンプルな構成で1km十分に完走できそうな気がしてきました。私ひとりでやっているとスケジュールがグズグズになったりするので、そういう意味でもすごく助かります。

コミュニケーションは英語なので、私が言いたいことをうまく表現できないことも多いのですが、このチャンスに技術的に深いところまで突っ込んで英語で議論できるよう、お勉強したいと思います。

« 走行速度を制御する | トップページ | 座布団を乗り越えられない理由 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/41747801

この記事へのトラックバック一覧です: 強力な助っ人:

« 走行速度を制御する | トップページ | 座布団を乗り越えられない理由 »

最近の写真