« SH7149のMTU2でPWM波形出力 | トップページ | 調子のよい日悪い日 (^-^) »

2007年10月 7日 (日)

AP-SH2F-9A ROMデバッグメモ

これまでJTAG-ICE (XrossFinder )を使ってRAM上でプログラムを動かしながらつくばチャレンジ向けのファームウェアを開発してきましたが、第1段階の機能を一通り盛り込んだのでROMに書き込んでテストすることにしました。

しかし、いざROMに転送してみるとプログラムが動きません。そこでJTAG-ICEをつかってROMで動くプログラムを1行ずつ追ってみようとしたところ、キーコードが違うとか何とか言われてROMの中身を消されてしまう。そんな感じでいろいろ困りましたが、解決できたので、その過程でいろいろ調べたことを資料にまとめておきました。間違っている部分があったらご指摘ください。

「apsh2f9a_rom_20071005.ppt」をダウンロード

こういうこと説明している本、少ないですよね?

« SH7149のMTU2でPWM波形出力 | トップページ | 調子のよい日悪い日 (^-^) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/16685324

この記事へのトラックバック一覧です: AP-SH2F-9A ROMデバッグメモ:

« SH7149のMTU2でPWM波形出力 | トップページ | 調子のよい日悪い日 (^-^) »

最近の写真