« ゴールド免許 (^-^) | トップページ | 誕生日過ぎてました »

2007年8月18日 (土)

SH7149と格闘する (^-^)

つくばチャレンジに向けて着々と準備を進めています。

進めているつもりなのですが、問題は山積したまま片付きません。いや、本当に。お盆休み前から回路図を描き始めて、今回使用するアルファプロジェクト製のAP-SH2F-9A (SH7149F)というCPUボードの立ち上げに挑戦していますが、高々LEDを点滅させるだけのプログラムが動くようになるまで何日かかったことか。今日やっと動きましたよ。

最初に躓いたのは、D-sub 9pin アダプタと RS232CドライバICとの結線で、以前PICでラジコンサーボの制御実験などをしたときに使った回路図をベースに回路図を描いて配線したら、なぜかプログラムのダウンロードが出来ない。FlashWriter EX for SH7149を使ってプログラムを書き込もうとすると" Baud rate does not match. "といわれてしまう。SH7149のハードウェアマニュアルを開いて回路図を確認してみたところ、RxD1(PA3), TxD1(PA4)を使わないと書き込みが出来ないことが判明。

仕方が無いのでそこだけ修正してもやっぱりダメ。今度はデジタルオシロでPCからRxD1(PA3)に送られてくる波形を見てみたところ、なにかか弱い信号になっていることに気付き、回路の実装ミスでRS232CドライバICに5Vが供給できていないことが判明。あほです。

途中経過をはしょりますが、そんな感じで試行錯誤した結果、ようやくプログラムのダウンロードが出来るようになり、LEDが点滅するようになりました。

先日ちょっとだけ遊んでみたSHTinyの開発キットがいかにお手軽に使えたか、今更ながら感心しています。

XrossFinder (JTAG-ICE)も購入してあるのですが、こちらはまだ思ったとおりの動きをしてくれていません。もう少し時間がかかりそうです。

« ゴールド免許 (^-^) | トップページ | 誕生日過ぎてました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/16152630

この記事へのトラックバック一覧です: SH7149と格闘する (^-^):

« ゴールド免許 (^-^) | トップページ | 誕生日過ぎてました »

最近の写真