« バイオガソリン | トップページ | DCモータドライブ回路 (^-^) »

2007年4月29日 (日)

バイオガソリンその2

先日、アルコール混合ガソリンについて、アルミの腐食、ゴムの劣化の危険性はどうなの?と書きましたが、これは私の認識が数年前で止まっていることを露呈した恥ずかしい記事になってしまいました。

まず、先日の記事で参考としてあげたURL。あれは2000年ごろに日本国内で発売されていた高濃度アルコール燃料でいろいろ問題が出てきて議論された中身で、その結果「揮発油等の品質の確保等に関する法律」が改正されて、事実上市場から締め出されて話が終わりました。

続いて今回は、ガソリンに混ぜるのはエタノールじゃなくて、ETBE(エタノールとイソブチレンの化合物)。ETBEを使っても安全・環境に問題が無いかどうかは、ここに自動車工業会の見解が書いてありました。樹脂、ゴム、金属には影響を及ぼさないと言うことらしいです。ただし、毒性の評価はまだまだなようで、国によって使っている国と禁止している国が分かれています。

過去の議論をさかのぼって見ると、経産省と環境省でスタンスが違ったり、石油業界の利権の問題があったり、石油なだけにドロドロしているなぁなんて思ってしまいました。

« バイオガソリン | トップページ | DCモータドライブ回路 (^-^) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/14884854

この記事へのトラックバック一覧です: バイオガソリンその2:

» 地球温暖化防止対策に成り得ない「バイオガソリン」の普及(再掲載) [らくちんランプ]
 大幅に加筆しましたので、日付を変えて再掲載します。  インチキ科学者が言い出した、地球環響に対するCO2悪玉説が世界中に蔓延したことで、一部では「環響に優しい」という嘘の言葉を冠して「バイオガソリン」の一般販売が開始される事態となりました。    「バイ..... [続きを読む]

« バイオガソリン | トップページ | DCモータドライブ回路 (^-^) »

最近の写真