« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

Dual Display (^-^)

私のメインPCは、B5サイズのノートPCです。画面のサイズは 12.1 インチなので、プログラム開発時は「もうちょっと画面が大きかったらいいのに」と思うこともしばしばあります。で、先日、このノートPCがデュアルディスプレイに対応していることを知ったので 17インチLCDを買ってきて繋いでしまいました。2画面は広い!

仕事のほうは引きなおしたスケジュールから3日分程度遅れがでています。なんとかリカバーしたいのですが、今日も午前中はレビュー(打ち合わせ)、午後は年末にリリースしたドライバの不具合修正(不具合が見つかっちゃいました)で、残業時間になってやっと水曜日に片付けるはずだったタスクに着手したりして、なかなか思うように進みません。終電が22:50くらいなので、遅くとも22:30には仕事を切り上げてます。会社の機材が必要なので、お家で内職って訳には行きません。

そんなこんなで、ロボット作りやその他の勉強がさっぱり進みません。

2007年2月18日 (日)

HEW + KPIT GNU Tools (^-^)

2001年ごろからマイコン制御用プログラムの開発環境は Yellow Soft社の Yellow IDEをずっと使ってきました。Cコンパイラ、デバッガ、RTOSをそれぞれH8用、SH用で全部持ってます。開発環境の起動も速いしRTOSの設定も簡単なので長いこと使ってきましたが、C++がサポートされていません。どうしてもオブジェクト指向で設計したものをC++で実装したいという気持ちがあって、これまでいろいろ模索してきました。

探してみると組み込みでC++が使えるコンパイラはそれほど多くなく、CPUにH8/SHを考えるならルネサステクノロジの純正コンパイラか、GCCくらいしか見つかりませんでした。ですが、目的は趣味で作るロボットの制御プログラムを開発することなので云十万円かかるような開発環境は対象外です。そうなると頼りはGCC(g++)ですが、GCCのクロスコンパイルができるようになるのってbinutilsとgccのバージョンに相性があったりするので実はすごく大変です。なので構築済みのクロスコンパイラを入手するのが一番安全確実です。

すぐに使えそうな構築済みのH8(またはSH)用GCCクロスコンパイラで調べて出てきたのが次の二つ。

  • RedHat社が提供しているGNUPro (newlib使ってる人はこちらのお世話になってます)
  • KPIT Cummins Infosystems 社が提供している KPIT GNU Tools

どちらもGCCなのでコマンドラインから作業できますが、統合環境から使えたほうがずっと効率的です。そこで考えたのが、Eclipse + CDTか、HEWからGCCを呼び出す使い方。EclipseはもともとJava用だけどCDTというプラグインがあればCの開発が出来るんだそうです。HEWはルネサス純正の統合開発環境で、(コンパイラなしの)開発環境のみならフリーバージョンが提供されています。

そこでKPIT GNU Toolsをダウンロードしてきて Eclipse + CDTから呼び出すようやってみたのですが、コンパイルは出来るようになったもののCDTからH8用のGDBでデバッグする方法が分からず断念。Eclipse + CDT + GNUPRo は試してません。もなみソフトウェア社のPizzaFactory はこういう手間のかかるものをすぐに使えるようパッケージングしてしまったものらしいのですが、こちらインストールしては見たものの、う~ん・・・と言う感じ。

昨日の晩にHEWをダウンロードしてきてKPIT GNU Toolsと組み合わせてみたら、インストールも設定も簡単で驚きました。というのは2001年頃に仕事でHEWを使っていたことがあったのですが、設定がよく分からなくて困った記憶があり、HEWを敬遠していたからです。シミュレータデバッガもHEWに標準搭載されているものがそのまま使えました。

リモートデバッグやROMデバッグはどうしたらいいのかよく分かりませんが、もう少しいじってみてよさそうだったら、この組み合わせを使っていこうと思います。

2007年2月17日 (土)

休養とSQL(-_-)

昨晩は熱が出ると思っていたのが大して熱も出ずに、今日も風邪が治っていない雰囲気です。熱が出て一晩で治ったほうが楽なのになぁ。買い物やスポーツジムなど、外に出るのを控えて、洗濯や部屋の掃除をして一日過ごしました。

最近、SQLの勉強をちょっとだけやっています。仕事で使うとも思えないのですが、春の情報処理技術者試験(ソフトウェア開発技術者)を受ける予定なので、秋の試験でもっともダメダメだったところに手を打っておこうという意味での勉強です。SQL(えすきゅーえる)というのは、簡単に言うとデータベースに問い合わせをする言語です。念のため。

仕事のことで精神的/時間的な余裕が無いのもあって、最近はロボット系のことは何もしていません。今年の計画も何もなし。仙台の知能ロボコンに参加したい気持ちもあるのですが、なにせ仙台なので機材を持って移動することを考えるとなかなか踏み出せません。もやねくんは、遠くからよく毎年参戦していると感心します。目標と締め切りが無いとなにもやらんで終わるよね。

2007年2月16日 (金)

体温計を見て熱を出す (>_<)

水曜日(2/14)の夜に急に寒気が来て、夜の2時ごろ布団の中でガタガタ震えてました。いつものパターンは、昼間ちょっと寒気がするなとおもって手の爪を見ると紫色で、夜になると寒気が来て熱が出るので、栄養ドリンクを一本のんで汗をかいて寝ると翌朝には治ってる、てのが大学生の頃からあります。だいたい一冬に1回くらいそういうのがあって、それ以外は熱出すこともありません。

そうなんですが、今日は一昨日に引き続き仕事中ちょっと寒気が来たので、安全策をとって早めに退社しました。帰ってきてから体温計で体温を測ってみたら、38度でした。体温計の数字を熱があるような気がしてきました。喉の痛みや鼻水、鼻づまり、頭痛、関節痛などの症状はありません。でも、2km走れって言われたら走れないかな。

今夜も熱が出る予定なので、暖房器具+布団を総動員して早めに寝ます。

2007年2月 9日 (金)

母校訪問@強行軍

学生さんは就職活動の時期ですが、企業から見れば採用活動の時期です。そんなわけで、会社の人事担当から頼まれて母校訪問行って来ました。

3つの学科の就職担当の先生にお会いして、(当時の指導教官は他大学にすでに移られたけど)出身研究室の先生、学生さんとお会いしてきました。後輩が優秀そうなので、先輩として何もアドバイスできることはなさそうな気もしました。(「安全」に関してはしつこいぐらい気をつけるように言ってきました。機械を壊しても怪我はしないようにね。)

大学生協も図書館も、雰囲気は私の学生時代とそれほど変わってなくて懐かしく思う反面、学生さんの顔を見ると自分が歳食ったんだと感じて、複雑な心境でした。

三島から日立まで車で4時間半。帰りは激ネムだったのでサービスエリアで中継ぎするたびにちょっと寝て帰ったら、帰宅が25:00をまわってしまいました。疲れた!

2007年2月 3日 (土)

体調は上々。(^-^)

久しぶりに日記を書きます。仕事がかなり押していて、土日にはプライベートな予定が入っていて、そこそこ忙しい日々です。2/4(日)は浦安の東京ベイシティマラソンに参加予定で、2/8(木)は出張で出身大学を訪問。その週の土日月の三連休はスキーの予定。幸い風邪もひかず、体調は良いので助かってます。

仕事で必要になって、初めて DLLのプログラムを書いたり、Visual C++でダイアログベースのプログラムを書いたりしています。ダイアログベースのプログラム、意外と簡単に書けたので驚いてます。ただ、リトルエンディアンには閉口気味です。

あれこれ作りたいものも沢山ありますが、今は仕事で手一杯なので、作るとしても4月以降の話になりそうです。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近の写真