« 情報処理技術者試験の結果 | トップページ | 探索効率改善とトライアル走行 »

2006年12月16日 (土)

仕事きっちり (^-^)

今日は半日、マイクロマウスのN区画前進コマンドの距離精度改善にチャレンジしました。制御プログラムを作り始めたときは15区画前進して0.5区画の誤差まで許容することを想定して、誤差の許容範囲を±3%以内としましたが、これが意外と大きいことが後になって分かりました。改めて許容範囲を±1%以内に定めて改善を行った結果、グラフのように改善できました。

1block_1 5block

図中のLSLはLower Secific Limit(下方仕様限界)、USLはUpper Specific Limit(上方仕様限界)の略です。実際の動きを見てもらうと、どれくらいきっちり動いているかが分かるかと思います。

「endeavor2006.wmv」をダウンロード

« 情報処理技術者試験の結果 | トップページ | 探索効率改善とトライアル走行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/13095062

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事きっちり (^-^):

« 情報処理技術者試験の結果 | トップページ | 探索効率改善とトライアル走行 »

最近の写真