« カール・ヒルティの幸福論 | トップページ | トラックバックスパム (-_-) »

2006年6月12日 (月)

パーソナル・ソフトウェア・プロセス (^-^)

先日の話の続きになります。私がプロとして欠けている部分はなんだろうと考えたとき、プロとしての行動というか、意識と行動の積み重ねによるプロとしての習慣が欠けていたのではないかと考えました。言い換えれば、「普段の仕事の仕方」が素人なわけです。

自分の仕事をする能力がどの程度なのだろうと考え、それをいままで計測してこなかったことに気づきました。「計測できないものは制御できない」というのは誰の言葉か忘れましたが、まずは現状の自分の業務プロセス(もっと範囲を狭めればソフトウェア開発のプロセス)を計測して定量化し、無駄を省いて、鍛錬すべきところを見つけ出すという総合品質管理の典型的なやり方を応用するのが良いのではないかと考えました。

さて、大規模な組織に対して能力レベルを評価する物差しに CMM/CMMi があります。日本語に訳すと「能力成熟度モデル」というやつです。この枠組みを個人用に当てはめたPSP(パーソナル・ソフトウェア・プロセス)というトレーニングコースがあります。本を買うと¥13,000くらいします。細かい話は割愛しますが、PSPで学ぶことが普段からできていれば胸を張って「プロです」といえるのではないかと思い、”虎の穴”に挑戦することにしました。

実は、2年前にも一度挑戦して、途中で挫折しています。指導者なしでは厳しいということはこの本の中にもかかれていますが、今のところ指導者を見つけられそうにないので独力で取り組みます。

参考URL

PSPがどのようなものか知りたい方は、共立出版社のサイトにある講義用スライドが大変参考になります。

« カール・ヒルティの幸福論 | トップページ | トラックバックスパム (-_-) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/10489348

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナル・ソフトウェア・プロセス (^-^):

« カール・ヒルティの幸福論 | トップページ | トラックバックスパム (-_-) »

最近の写真