« ハードウェア完成度95% (^-^) | トップページ | 迷惑メール (>_<) »

2006年5月31日 (水)

組み電池の作り方 (^-^)

マイクロマウスの動力源にはニッケル水素電池を組にした組電池を使っているのですが、以前作った電池が容量の半分も充電できなくなってきたので、新しく組みなおすことにしました。ついでなので、組電池の作り方を紹介します。

(注) 普通、電池に直接半田付けする方法はメーカーが禁止しています。安全のためにもタブつき電池で組み電池を作ることをお勧めします。

(1) まずは必要な道具と材料をそろえます。

Img_1707 Img_1708

道具は、半田ごて、ホットボンド(ホットメルトともいう)、適当な大きさの板、輪ゴム、ワイヤストリッパー、ニッパー、はさみ、ドライヤーを用意します。「適当な大きさの板」は、電池を組んだ大きさと同じくらいの大きさがベストです。

材料は、二次電池(必要本数)、熱収縮チューブ、半田、半田吸い取り線、2色ケーブル、コネクタを用意します。熱収縮チューブには、ホームセンターで売っている「物干し竿カバー」がベストです。ペットボトルのラベルで代用する人もいます。

(2) つづいて電池を組んで形を整えます。

Img_1709_1 Img_1711

先ほど用意した板に輪ゴムで電池を押さえつけます。私も以前は電池を(板無しで)セロハンテープで固定していましたが、セロハンテープでは電池をきれいにそろえて固定しずらいのです。電池を板に輪ゴムで押さえつけたら、ホットボンドで電池の間を埋めていきます。片面だけでもホットボンドで固めてしまえば、後は輪ゴムをはずしてOKです。心配でしたら裏面もホットボンドで固めましょう。

(3) 今度は半田吸い取り線で電池同士をつないでいきます。

Img_1713 Img_1714 Img_1715

電池に直接半田付けしようとしてもなかなか着いてくれません。かといって電池に熱を加え続けるのは危険です。ここら辺が難しいところです。効果があるかどうかわかりませんが、私はとりあえず電池の金属部分にサンドペーパーで傷をつけて、半田がうまく乗ってくれることを祈りつつ電池に熱を加えています。電池のつなげ方を間違えると事故につながる虞がありますから、何度でも配線の仕方を確認します。

(4) 最後に熱収縮チューブで組んだ電池をカバーします。

Img_1716 Img_1717 Img_1718 Img_1719

熱収縮チューブは、組んだ電池より左右5mm程度長めに切ります。チューブの中に電池を入れたら、平らなところ寝かせてドライヤーで熱を加えます。ドライヤーをかなり近づけないと熱収縮チューブは縮みません。片面で十分チューブを収縮させたら、裏面もドライヤーで熱を加えてチューブを引き締めます。

これで組み電池の完成です。今日の作業は、TVを見ながら写真を撮りながらの作業で、組電池を2組作って2時間ちょっとかかりました。

« ハードウェア完成度95% (^-^) | トップページ | 迷惑メール (>_<) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167990/10339915

この記事へのトラックバック一覧です: 組み電池の作り方 (^-^):

« ハードウェア完成度95% (^-^) | トップページ | 迷惑メール (>_<) »

最近の写真